帝京大学医学部附属病院循環器内科

お知らせ
経皮的僧帽弁クリップ術 Mitraclipを開始しました。
Share Button

当科ではTAVIに引き続いた構造的心疾患のカテーテル治療第二弾として、僧帽弁閉鎖不全症に対するMitraclip(マイトラクリップ)治療が始まりました。MitraclipはTAVI同様に非常に低侵襲治療で、大腿静脈からアプローチし、心房中隔を越えて僧帽弁にアプローチして前尖と後尖をクリップで把持することによって逆流を低減する治療です。術中は全身麻酔科に経食道エコーガイドで治療を行う必要があり、TAVI同様にハイブリッド手術室で治療を行います。対象患者さんは手術ハイリスクの中等度以上の僧帽弁閉鎖不全症になります。クリップ可能かどうか解剖学的に制約がありますが、治療適応となれば低侵襲で効果が期待できるのでこれまで手術不可能とされてきた高齢の患者様や、手術治療が困難であった二次性心筋症に伴う僧帽弁閉鎖不全症なども治療できる可能性があり、期待されている治療です。TAVI同様に施設基準がありますが当院は基準を満たしており2018年4月からすでに開始をしております。治療困難な僧帽弁閉鎖不全症でお困りの際はぜひご紹介いただければと思います。

mitraclip2 mitraclip 帝京Mitraclip適応新
  • TAVI
  • 共にはたらく後期研修医、大学院生募集中!

pagetop