帝京大学医学部附属病院循環器内科

お知らせ
研修医1年目の小山修平先生が若手医師のための循環器内科セミナーで発表しました。
Share Button

恒例になっている若手医師のための循環器内科セミナー、研修医1年目の小山修平先生が短い準備期間にもかかわらず、立派に発表してくれました。当科では学生・研修医の教育に力を入れています。koyama

経皮的僧帽弁クリップ術を開始しました。
Share Button
当科ではTAVIに引き続いた構造的心疾患のカテーテル治療第二弾として、僧帽弁閉鎖不全症に対する経皮的僧帽弁クリップ術治療が始まりました。経皮的僧帽弁クリップ術はTAVI同様に非常に低侵襲治療で、大腿静脈からアプローチし、心房中隔を越えて僧帽弁にアプローチして前尖と後尖をクリップで把持することによって逆流を低減する治療です。術中は全身麻酔科に経食道エコーガイドで治療を行う必要があり、TAVI同様にハイブリッド手術室で治療を行います。対象患者さんは手術ハイリスクの中等度以上の僧帽弁閉鎖不全症になります。クリップ可能かどうか解剖学的に制約がありますが、治療適応となれば低侵襲で効果が期待できるのでこれまで手術不可能とされてきた高齢の患者様や、手術治療が困難であった二次性心筋症に伴う僧帽弁閉鎖不全症なども治療できる可能性があり、期待されている治療です。TAVI同様に施設基準がありますが当院は基準を満たしており2018年4月からすでに開始をしております。治療困難な僧帽弁閉鎖不全症でお困りの際はぜひご紹介いただければと思います。

mitraclip2 mitraclip 帝京Mitraclip適応新2

行光望先生が第51回CVIT関東甲信越地方会にて最優秀演題賞を受賞いたしました。
Share Button

当科の行光望先生が、第51回CVIT関東甲信越地方会にて「慢性腎臓病を合併した重症大動脈弁狭窄症患者に対して造影剤不使用で経カテーテル大動脈弁置換術を施行し、透析導入を免れた一例」を発表し、最優秀演題症を受賞いたしました!S__20348930 S__20348938 S__20348942

  • TAVI
  • 共にはたらく後期研修医、大学院生募集中!

pagetop