帝京大学医学部附属病院循環器内科

お知らせ
片岡明久助教がJACC Cardiovascular Imagingにて研究成果を発表しました
Share Button

片岡明久先生が経皮的大動脈弁留置術の中期的予後が不良となる事例を明らかにし、その研究成果を2017年5月17日(水)、国際科学雑誌『JACC: Cardiovascular Imaging』オンライン版にて発表しました。   これまで、日本人における奇異性低流量低圧較差に起因する重症大動脈弁狭窄症は、世界のエビデンスとは異なり、自然予後が良いとされる一方、経皮的大動脈弁留置術患者の国内エビデンスもありませんでした。 今回、経皮的大動脈弁留置術が必要となる病態では、求心性肥大を呈している割合が多く、大動脈弁狭窄症解除後も左室駆出率が保持された心不全状態と考えられることが実証され、術後も厳密な内科的管理が必要であることが本研究によって明らかになりました。   本研究は、9施設合同のOCEAN-TAVIレジストリーにより、723名の経皮的大動脈弁留置術を施行した体格の小さい日本人高齢者の中で、奇異性低流量低圧較差―重症大動脈弁狭窄症患者を対象に予後を調査しました。 調査では欧米のエビデンスと同様に、経皮的大動脈弁留置術を施行しても、通常流量高圧較差―重症大動脈弁狭窄症と比較して中期的予後が悪く、また、低流量は手術後の心血管死亡の独立した予測因子でもあることがわかりました。さらに、全死亡・心血管死亡を予測する低流量の拍出係数は35.3 ml/m2であり、欧米のガイドラインが推奨する35.3 ml/m2未満は体格の小さな日本人にも適切であることが証明されました。論文はこちら

低リスク大動脈弁狭窄症に対するTAVIの国際共同治験への参加を開始しました。
Share Button

当院は低リスクの大動脈弁狭窄症に対するTAVIと開胸手術の無作為化国際共同治験(PARTNER3)を開始いたしました。 TAVIとは、大動脈弁狭窄症に対する治療法で、開胸することなく、また心臓を止めることなく経カテーテル的に人工弁を留置するものです。現在手術リスクが低い患者様はTAVIではなく開胸手術が第一選択となっておりますが、この度手術リスクが低い患者様への適応拡大を目的とした治験を実施致します。医療機関または患者様のご家族で当治験に参加されるご希望のある方はお気軽にお問合せください。資料および問い合わせ先はこちらです

2016年6月のTAVI件数が17件となりました。
Share Button

2016年6月のTAVI件数が17TAVI件数件となり、TAVI件数が150件を突破しました。

 

最新治療 TAVIについて;渡邊雄介助教が、TAVI指導者(プロクター)に就任しました。
Share Button

最新治療 TAVIについてのご紹介です。 大動脈弁狭窄症に対する最新の治療である経カテーテル大動脈弁置換術(Transcatheter aortic valve implantation; TAVI)を2014年2月から始めました。2015年11月までに89人の方にTAVIを受けていただいています。
TAVIは胸を開かないで治療できる体に負担の少ない手術です。
多職種からなる帝京大学ハートチームが協力してTAVIを行っています。
9/6、渡邊雄介助教が、TAVI指導者(プロクター)に就任しました。今後渡邊助教は、当院でのTAVI施行だけではなく、国内外の新規施設にTAVIの指導を行ってまいります。 TAVIの詳細についてはこちら

帝京大学病院の広報誌をご存知ですか?
Share Button

帝京大学医学部附属病院が発行する広報誌では、当科の最近の活動(TAVIや心臓リハビリテーション)が詳しく紹介されております。院内報T-me Vol 5や7, Assist vol 30や33をぜひご覧ください: http://www.teikyo-hospital.jp/hospital/panf/archive.html#anchor1

 

  • TAVI
  • 共にはたらく後期研修医、大学院生募集中!

pagetop